日々の生活の中で、結構あるトレー。資源ゴミに出さずに、スーパー等の出入り口に置いてあるトレー入れに入れて、エコ

いつでもできるエコ活動 トレ―のリサイクル法
いつでもできるエコ活動 トレ―のリサイクル法

トレーも洗って、エコにてリサイクル

私が暮らす町は、分別のゴミ袋が、5袋あります。燃えるゴミ・プラスチックゴミ・缶、瓶のゴミ・燃えないゴミ・生ゴミ。全て、もちろん袋は有料です。しかし、使い方、投げ方でゴミは減らせます。その中でも」、トレー(プラスチックゴミ)はスーパー等の出入り口にボックスがあり、自由に入れれる様になっていて、ゴミの削減。つまりエコに繋がります。

トレーは意外に多く、重ねても結構、がさばります。しかし、まだまだゴミに投げられている人は少なく有りません。どうしても、汁等出るものには、トレーがやはりベストなのかもしれませんが、エコを考えると、やはり、焼くと有害に繋がります。今一度、地域によらず、エコへの関心は重要不可欠かなと思います。しかし、門人の知恵と言うか、色々な知恵が集まって、資源は開発されているんだなと思います。

ゴミの分別の仕方によって、節約にもなり、エコにもなる。トレーばかりではなく、油も廃油として回収している所があり、貯まったら持って行く様にしています。リングプル・ペットボトルのキャップ・割り箸・ベルマーク・着なくなった服は職場で(介護の現場)お尻拭きに。色々発見する事も多いですが、エコライフをモットーにゴミを投げる前にもう一度、リサイクル出来ないか考え、それが、ある意味、節約にも繋がッていくと思い、日々努力して行きたいと思います。先日、娘の授業参観にて、調度、エコをテーマにしており、子供の視点など、ハットする事などあり、何か心が温かい気持ちになりました。