発泡スチロールのトレーは再び発泡スチロールとして再生利用が可能です。エコのため回収に協力しましょう。

いつでもできるエコ活動 トレ―のリサイクル法
いつでもできるエコ活動 トレ―のリサイクル法

エコのため発泡スチロールトレーの回収に協力しましょう。

自治体によってトレーのリサイクル方法は違いますが、私んの住む町では、週に1度資源ごみ回収の日があり、新聞や雑誌などの古紙、瓶、アルミ缶、トレーの回収をしています。スーパーで買い物をすると、肉、魚、惣菜など多くの食品が白いトレー乗せられて売っています。毎日自宅で食事を作るとあっという間にトレーが沢山溜まります。ゴミの分別が今ほどうるさくない時代は、トレーは燃えないゴミとして、金物やプラスチック製品と一緒に黒いビニール袋に入れて清掃車が回収し、ゴミの埋め立て地に捨てられていました。油や金属と一緒に土の中にゴミがどんどん埋められていたのですね。あと何年で埋め立て地がいっぱいになりゴミを捨てられる場所がなくなります、というニュースがよくテレビから流れていました。

ゴミを少なくするには、トレーのような梱包素材を極力使わないようにするのが一番ですが、食品の流通・販売にはトレーはとても安心で便利なツールです。そこで、リサイクルというエコが考えられました。回収するトレーは発泡スチロール素材のものだけです。見分け方は簡単でつまようじで押すとプツっと穴が開く真っ白なトレーがそうです。プラスチックは同じ素材のものだけを集めることが出来れば同じプラスチックに再生することが出来ます。プラスチックの中でも発泡スチロールは誰でも見分けることが簡単なので、リサイクルが可能なのです。出来ることから少しずつ、面倒がらずにエコに努力しようと思います。
おすすめ情報